6/13 ツーリング報告 ( 追加版 )
Taka さんにヘタレな峠ライディング撮られちゃいました。 (^^;
ピタッと後ろについて来ていた Taka さんが時折離れたり迫って来たりを繰り返していると思ったら。。。ヘタレな後姿をおさめられていました。 (>_<)
しかも今回は動画付きで。。。ありがとうございます、色々と教えて頂いたライディングはとても参考になりました!ヴェイパーロック現象を起こしたリアブレーキは Taka さんの見よう見まねで酷使し過ぎ ( 強くかけ過ぎ ) だったと判断し今後の課題としますね。 (^^;

それにしてもフロントもリアも私の方がタッチが甘いような気がするのは気のせいですかね?

ストックのリアサスはサドルバックに荷物満載の影響も少なからずあるのでしょうが我慢の限界かも。。。乗り比べなきゃ”こんなもの”と気が付かずいられたものの今回の様々な状況での乗り比べは悪魔の囁きでした・・・ (>_<)

ストロークもアップしてる IKON のリアサスは重い私の体重でも一度も底付きする事無く走り抜けました。後で聞いたのですがこれでも一番軟らかめのセッティングだったそうで。。。でも次に会う時もサスはノーマルのままですよ! ( 爆

スロージェット交換にスクーリーミンのエアクリ抜けの良いマフラーとの組み合わせの Taka さんのスポはコンパクトなハンドルとの相性抜群で非常に軽快に取り回しが可能でビックリ、俗に言う”ハーレーらしさ”を存分に味わいながら乗り易く仕上がったセッティングはとても素晴らしく感じました!!! (^O^)

HSR に交換する前に乗り比べていたら私も考え直したかも知れません。。。でも両者を乗り比べてみてですが私個人的にはやはりパンチのある ( 一気に吹け上がる ) HSR が好みでした。 (^_-)

ちなみに軽〜く吹けあがってしまい繁茂にシフトチェンジを余儀なくされる HSR と違って Taka さんのスポは本当に乗り易くて私みたいなヘタレ向けなんですケドね。 (>_<)

Taka さんのと乗り比べ〜
大型のウインドシールドハイウェイペグは高速道路で効果を最大限に発揮しました!これは楽チンで止められませんね!

あ、でも高速で安全運転してると確かにバックミラーは振動して何も見えませんでしたね〜ちょっと飛ばし気味だと問題ありませんでしたケド。 (^^;

HSR にご満悦の Taka さん。 (^^
”よーいドン!”で三速から全開トライしましたが HSR の勝ちでした〜でも私の覚えてる限りではストックの状態と Taka さんのスポでも段違いの差がありました。 (^^

やはり大型のシールドは快適です。 (^o^)
シールドの高さにはさほど差を感じませんがこの横幅や取り付け角度が効いているのか風防効果には結構な差があります。

弱まったとはいえ私のスポーツウインドシールドは高速巡航で身体で風を受けるのでジャンバー前面は身体に張り付きます。でも Taka さんのコンパクトウインドシールドはジャンバー前面は逆に膨らんでいます。 ( 負圧で下から風が巻き込んでいるのだと思います。 ) でも直接風を受ける量が少ないので疲労度はコチラの方がきっと少ないですね。

グリップに当たる風も腕に流れていく風も当然ですがコチラの方が楽チンでした。 (^^;

あ、色々調べてみたのですが高高速域でのハンドルのブレはどうやらサドルバック内荷物の重量の左右不均等に起因しているようでした〜フォークブレイス付いていてもこればっかりは防げないようです。 (^^;

そう言えばフロント周りの剛性感はどうでしたかね、Taka さん?

前に車がある時意外は撮影不可 (>_<)
前にクルマがいる時以外は私は本気モードじゃないとついて行けないので Taka さんが華麗に峠を走り抜ける姿は残念ながらありません。 (^^;

今、デジカメの購入と撮影秘密兵器を思案中ですので次の機会には使える写真を増やしたいなぁと思います。 (^^;
Comment:
2006/06/18 1:02 AM, Taka wrote:
今回は色々なシチュエーションで乗り比べできて楽しかったですね。
私のとLIAN号との一番の違いはキャブでしょうね。アクセル開けるとタイムラグ無くガツンと吹けあがりあまりの気持ちよさに、いきなりの乗り比べで楽しくてガンガン峠を走っちゃいました〜(^^ゞ 

ブレーキに関しては確かに自分のに比べて甘い感じがしました。ハンドルの取り回しも関係しているかもしれません。LIAN号のハンドルは私にとっては手首の絞りがきつめなので、ハードなブレーキングがしにくかったですね。

ハンドリングに関しては、自分のに比べてオーバーステアー気味な感じがしました。最初はチョット戸惑いましたが慣れたらそれはそれで扱いやすい感じがしましたが。
フロント周りの剛性感に関しては自分のはリヤサスとのバランスもあるでしょうが、フロントが路面のギャップを拾いきれない感じで落ち着きがないのですが、LIAN号は同じサスなのに収束も早く安定感がありましたね。フォークブレイスの効果でしょうか。

それと、やはりリヤサス。LIAN号はノーマルということで、久々に何回も底突きを味わいました。自分のに乗るとやっぱりノーマルよりもいいんだな〜ってのがよく分かりました。交換して良かったんだ、とやっと納得できましたよ(苦笑)

しかし同じスポスタだというのに、カスタムの違いで随分変わるもんですね。LIAN号は次回にはおそらくリヤサスは変わっていると思われ(笑)  
ちなみにTaka号の以後のカスタムは走りには関係ないカバー類なんかを予定しています。
2006/06/18 9:37 AM, LIAN wrote:
いやぁ本当に”同じバイク?”と思うくらい違ってましたね。 (^^;

カスタムにはバランスが大事と言う事が良く分かりました〜リアサスは本当に交換したいアイテムですが。。。家族の為にはほぼ同じ値段のデジカメが先かと思われ・・・ ( 爆
2006/06/18 1:56 PM, US05 1200R wrote:
うぅ・・・乗り比べに参加したい!
昨日は日陰に塗ったばかりのアスファルトが有り死ぬかと思いました(大袈裟です、ハイ)がサスのお陰で立ち直れました。自分でもビックリ。替えてあってヨカッタ。
三速全開の加速は勝てないと思うけれどモジュール替えてからの低速の粘りは峠を更に乗りやすくしてくれます。一爆発毎に後輪を押し出せる・・・ゆ〜っくりドリフトするような(?)。分かってもらえるかなぁ?
すごく良いんだけれど自慢出来ないからなぁ〜、残念!旨いものも食えないし・・・
2006/06/18 6:41 PM, LIAN wrote:
そう言えば麦草峠のアスファルトのひび割れを埋めていたモノに乗り上げるとグニャリと弾力があり滑ってドキドキしましたわ〜

きっと Taka さんが気にしていた低回転の息つきをカバーするようなセッティングで乗り易いんでしょうね! (^_-)
2006/06/18 6:52 PM, Taka wrote:
USサンのにも乗ってみたいですね〜 モジュール変えて一発一発の爆発毎にトルクでドンドンって感じなんでしょうね〜

麦草峠のニュルニュル、最初はオイルにでものったのかと思いビックリしました。でも滑るの必ず止まるの分かったらドリフト気分でドキドキしながら遊べましたね〜

そうそう、私の方もツーレポアップしました。
http://enjoylife.web.infoseek.co.jp/motorcycle/Harley/Touring-phot/main/Touring11.htm
2006/06/18 9:14 PM, LIAN wrote:
US05 1200R さんのにもぜひ乗ってみたいですね〜気になる表現で興味津々です!

ツーレポ拝見しました、ありがとうございます!そう言えば "L" のハンドルは私も絞りすぎかな〜と思ってました。グリップ位置があの位置で少し開いてると良いですね。あれでもレバー位置を試行錯誤して大分良くなったんですよ。 (^^;
2006/06/20 10:17 AM, US05 1200R wrote:
Takaさんのところで動画見てきましたよ。良いリズムじゃないですかぁ。ノーマルのサスじゃアレより先は路面状況まで覚えている道じゃなきゃ出来ませんよ。しかしそれに片手ノークラでビデオ撮りながら付いてくるTakaさんが怖いですねぇ!
ハンドルの話も参考になりますね。私はストックの幅広、機能的には気に入ってるんですが見た目がねぇ〜。Takaさんのは良かったですか。ナルホド・・・・
2006/06/20 1:35 PM, LIAN wrote:
いやぁお恥ずかしい (^^; もう少し Taka さん道場で修業してきます!

今、カメラの固定具製作中ですので次回ツーの時には華麗な Taka さんの姿もおさめられるかと思います。 (^-^)

ハンドルに関してはコンパクトなポジションで峠では”振り回しやすい”と言う印象、普段乗りでも適度にアップしたポジションが快適でしたね。 (^_^)

私も個人的にはストックの幅広が気に入っていたので "L" のハンドルチョイスしましたが振り回すにはちょっと絞りがキツイです。でも快適さは負けませんよ! (^_-)
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ENTRY(latest 5)
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
 今までご愛読ありがとうございました。 m(_ _)m
LINKS
MY BLOG LISTS
Powered By 画RSS
 
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.