カスタム報告
純正デジタルクロック装着
既に簡単に報告していますが純正のデジタルクロック装着しました。
寒くなってジャケットの奥深く入り込んだ時計の時間を確認するのが困難になったのと詳細な時間を確認したい時のほとんどは夜なのでバックライト付きの時計を探していました。
市販されているバックライト付きの時計はボタンを押さないと光らないタイプばかりなのでちょっと奮発してアクセサリー ON で常時バックライト点灯の純正品購入しました。
夜は明るいブルーの液晶で抜群の視認性、昼間でもはっきり見えますのでかなり気に入りました。

純正デジタルクロック装着
取付け部の全体像はこんな感じになります。左のグリップに追加のアクセサリースイッチハウジングを取り付けてその三つのスイッチボックスの内下二つを使用して装着しました。
クロック自体は Made in Germany のドイツ製、プラスチックケースで覆われていて防水構造になっているようです。
取付けに没頭していて写真撮り忘れました〜 (^^;

ちなみに本国での販売価格ですが以下の通りです。

デジタルクロック本体:$99.95 ( 約一万二千円 )
スイッチハウジング:$34.95 ( 約四千円 )

アクセサリースイッチハウジングはグリップ固定のボルトと共締めで固定、その上にカバーを装着します。

取付け自体はいたって簡単なんですが配線がちょっと厄介でした。
簡単に行う方法はいくらでも考えられるのですが今回はマニュアル通り行ったせいもあり苦労しました。 (^^;

ハンドルバーに沿わせてバッテリー近くまで持ってくるのは全く問題無いです。メインハーネスに沿わせて配線していきます。
時計から出てるケーブルは三本で一本はバッテリー ( + ) から常時給電される電源ケーブル ( 赤 ) 、もう一本は黒のグランド ( - ) ケーブル、最後の一本はオレンジ/白でアクセサリー ON で通電されるケーブルです。

まず赤の電源ケーブルですがコレは車体側に空のコネクターが装着されている配線が既にありますので付属のコネクターへ時計の線をつないでコネクターつなぐだけでおしまい。簡単です。

アクセサリー ON はテールランプへ行っている配線へ端子をつなぐ事が出来るアダプターをかませて端子を接続して終了。
これもそれなりの端子類があればいたって簡単です。
( ご要望があれば、後ほど写真 UP します。 )

厄介だったのは一番取付けの際に考えなくても良いハズのグランドでした。。。
メインで落ちてるグランドを留めてるボルトに工具が上手い事入らなくて外すのに苦労したってだけなんですが〜 (^^;

ヘッドライトチューン、フォグランプ装着、ホーンリレー追加、自作アーシング等で鍛えられた配線工事の経験と各種取り揃えた端子、配線類で全く苦にならないってのが強みです。 (^_^)

あ、アクセサリー ON しないと液晶表示しませんので駐車中に覗き込んでも時間は分かりませんのであしからず。
Comment:
2005/12/17 11:08 AM, カツヲ wrote:
機械は学生時代に少しかじっていたのいで、そこそこ出来るのですが、電気はまったく苦手。
電装パーツの取り付けはいつもディーラー任せ・・・
電気の勉強しようかな
2005/12/17 12:36 PM, LIAN wrote:
慣れちゃえば全然どうって事ないですよ。 (^_-)
ただ地味な作業なのに結構時間かかる事が多いですけどね〜
2006/04/06 6:29 PM, Koa wrote:
夜でもしっかり見えるっていいですね!
私の場合は、腕時計もアナログでバックライトなしのため、暗くなると走行中は時間がまったくわかりません。...なので夜はできるだけ乗らないようにしています?
2006/04/06 7:43 PM, LIAN wrote:
時間を気にせず走るのも良いですがそんな事ばかりじゃ無いですよね。 (^^;

時計を見れずに慌てて急ぎすぎたりする事も無いし、間に合いそうも無い時にあきらめて連絡する等も出来ますのでやはり時計があると便利です。 (^^
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ENTRY(latest 5)
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
 今までご愛読ありがとうございました。 m(_ _)m
LINKS
MY BLOG LISTS
Powered By 画RSS
 
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.